お金

【必見】簡単な節約は固定費を削減することから

 

「節約って何からすればいいの?」

「節約はしたいけど我慢はしたくない。」

「効果的な節約方法って何があるの?」

 

こういった悩みに実際に年間数十万の節約ができた私達がその節約方法について紹介します。

本記事の内容

  • 節約の始め方
  • 節約を成功させるためには、固定費の節約が重要
  • 固定費の具体的な節約方法を紹介
  • 節約方法のまとめ

 

本記事の信頼性

  • 実際に節約に成功した体験談をもとに記事を書いています。

 

節約をして一年に一回贅沢をしたり、旅行に行ったりしてみませんか?

節約をするためには支出を確認して無駄に気がつくことが大切です。私たちの家でも多くの無駄がありました。

私達が実践した節約の方法について紹介していきますのでぜひ最後までお付き合いください。

 

節約の始め方

 

まず支出を洗い出して固定費と変動費に分けてみましょう。

支出は大きく分けて「固定費」と「変動費」の2通りがあります。

固定費とは

固定費とは毎月、毎年など定期的に一定の金額が発生するものを言います。

一度手続きをしたらほったらかしになりがちですよね。以下が固定費になります。

 住居費(住宅ローン、家賃)、光熱費(基本料金)、通信費(スマホ、インターネット回線、NHK)、保険料(生命保険、損害保険の保険料)、車の維持費(車のローン、契約駐車場代)、定期購入品(コンタクトレンズなど)

変動費とは

変動費は生活の質の向上や娯楽に関わる費用です。

言い換えれば自分たちが食べるものや着るもの使うものによってかかる費用が変わるものというのが変動費になります。

食費、家具・家事用品、衣服費、医療費、教養・娯楽

 

 

節約を成功させるためには、固定費の節約が重要

固定費削減のメリット

一度見直しを行ったら、削減効果が持続して毎月一定の節約ができる。

またストレスを溜めずに自分に適したプランや会社に変更することによって大幅に節約をできます。

注意点

無理にエアコンを我慢したり、趣味である動画を見ることなどをやめて通信費を抑えても
電気代や通信費の値段は下がってもストレスが溜まったり、体調を壊してしまっては、意味がなくなってしまいます。

また保険についても万が一のことに備えて入っておくものなのに、重要な部分を節約のために削ってしまっては大変な事態になってしまします。

ですからおすすめするのはお得で家族構成に適切な電力会社に切り替えを行なって電気代を節約したり、
スマホの料金プランの使わないオプションを解除したり、保険は最低限かつ自分に適した内容に相談して組み直すことがおすすめです。

 

 

固定費の具体的な節約方法を紹介

通信費

通信費の具体的な削減方法は3つあります。比較的通信費は削減できることが多いです。

うちも格安SIMに切り替えたら夫婦二人分なので大幅に節約することができました。

  1. 大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を使っている人は「格安SIM」に乗り換える
  2. スマホとWiFiのセット割りを行うため契約会社を統一する。
  3. スマホ、インターネットの回線の無駄なオプションを解除する。

 

 

1.大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を使っている人は「格安SIM」に乗り換える

スマホの料金を下げたいひとはSIMカードを格安SIMへ変更することで利用料金が安くなります。

およそ毎月2000円から3000円前後まで節約することができますよ。

毎月8000円程度の料金を支払っている方は年間で72000円の削減となります。夫婦二人分でしたら14万4千円です。

衝撃ではないでしょうか。

しかしここで注意して欲しいのはメールアドレスが変更になることが挙げられますので事前の登録情報などの変更が必要になります。

また格安SIMが安い理由が人件費や店舗費がかからないからという点からも相談窓口が少ないというデメリットもありますので注意が必要です。

 

2.スマホとWiFiのセット割りを行うため契約会社を統一する。

スマホとWiFiをセットにするとずっと毎月500円の割引を得ることができます。これで年間で6000円の削減になりますね。

また電力会社も同じにすることでさらに割引が入る会社もあります。

月単位では少ない金額ですが数年、数十年と立つと旅行などに行けるお金になります。

契約会社を統一することもとても勧めですよ。また下記の比較サイトで自分にあったインターネット回線を自動的に選んでくれます。

通信費を安くしたいときにはまず下記の比較サイトで検索してみてください。

専門スタッフが、100種類以上の中から一番安い最適なプランをご紹介してくれます。

完全無料・全国対応で診断できますし、必ずお得な情報が得られると思います。キャッシュバックも見所です。ぜひどうぞ!

 

 

 

3.スマホ、インターネットの回線の無駄なオプションを解除する。

最も勿体ないのが、必要ないオプションを契約したままにして不要な費用を払っている状態です。

契約時の割引はさまざまなオプションへの加入が条件になっていることがほとんど。

機種変更や新規契約の際は、まず最初にオプションの確認をしたほうがいいと言っても過言ではありません。

 



保険料

保険とは、万が一のトラブルに対して必要となるお金を備えておくものです。

  • 「車で事故を起こしてしまった際の賠償金」
  • 「自分が亡くなったときの家族の生活費」
  • 「病気になったときの医療費」

こうした上記のトラブルに備えておくものですが保険をかけすぎて「貯金」ができなくなるのは本末転倒です。

まずは優先順位と保険内容をチェックすることが大切です。

また社会保険の保証範囲をチェックして社会保険でも十分カバーできるものもあります。

過度な補償の保険に入ってしまっては無駄になります。一度、プロであるファイナンシャルプランナーに相談して一番最適な保険内容にすることが一番楽で早い方法だと思います。

私達もFPに相談をし、必要なものと必要ではないものを精査しました。意外と保険の営業の方は人にもよりますが、、結構無駄なものも加入させているんだなと認識することができました。。。第三者に確認してもらうことはとても大切だと感じました。

下記は無料で簡単に保険のプロであるFPに相談できるサイトです。ぜひ使ってみてください。



光熱費

電気代が高い人は、電気会社を替えることで、電気代が安くなることがあります。2016年の電力自由化以降、個人で自由に電気会社を選べるようになっています。電力会社によっていろいろなプランがあったり、アンペアの変更等でも基本料金を安くすることができます。

電気会社を比較したい人は、使用量や電気代が記載された過去の明細をもとに、いくつかの電気会社でシミュレーションをとるとよいでしょう。

シミュレーションは、各電気会社のホームページで家族構成や使用量を入力すると、簡単に作成できます。なお、電気会社によっては、利用者に向けたポイントサービスや割引プランなどがあります。電気会社を選ぶ際には、シミュレーションと併せてサービスの内容もチェックし、自分に合ったプランを選ぶことが大切です。また、今なら初月無料キャンペーンや基本料数ヶ月無料のキャンペーンもソフトバンク光等で行なっていますので、チェックしてみてください。またAmazonプライム年会費無料やキャッシュバックがあるところも多くあります。

 

下記の比較サイトでは自分にあった電力会社を選んでくれますのでぜひ使ってみてください。

電気料金一括比較|電気代を賢く節約-でんきの比較インズウェブ
 

いちかちゃん
上記サイトは漫画でわかりやすいので確認だけでもしてみてね!!

 

 

節約のまとめ

今回は私達が実践した「固定費を削減することによって節約を行う」方法を紹介しました。

知らないともったいないことが多くあります。私達も最初は何もわからずに無駄なお金を浪費していました。

少し調べることによって我慢せずに節約はできます。

浮いたお金で家族と年に一回温泉に行くことだってできちゃいます。最高ですよね。少しでもこの記事が皆さんの役に立てればいいなと思っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめ記事

1

  「0歳児の子育てに必要なアイテムは何があるんだろう?」 「0歳児におすすめのグッズは何?」 「0歳児を安心で安全に子育てするアイテムは?」   こういった悩みに0歳児の親である ...

2

  「家事・育児代行サービスって何?」 「家事・育児代行サービスってどこに依頼すればいいの?」 「家事・育児代行サービスって安全なの?」   こういった悩みに実際に体験した体験談を ...

3

  本記事の内容 Amazonファミリーとは? Amazonプライム会員との違いは? Amazonファミリーに入会するための条件とは まとめ   本記事の信頼性 本記事を書いている ...

-お金

© 2020 いちからブログ Powered by AFFINGER5